葛の花サプリを徹底調査

MENU

注目のダイエット食品 葛の花

 

 

最近、ダイエット食品として注目の植物があります。「葛の花」です。葛とは日本や中国、アジア各地の野山に自生するマメ科クズ属でツタ性の多年草です。

 

日本では秋の七草の1つとして、古くから食べられてきました。長芋状に成長する根の部分は、加工され葛粉となり、料理や和菓子、薬の材料として用いられてきました。

 

葛の植物を見たことがないとしても、葛切りや葛餅、葛根湯として多くの方が口にしたことはあると思います。そう考えると、葛は私たち日本人にとって意外と馴染みのある植物だということがわかります。ダイエット食品として話題を集めているのは、この葛の、花の部分です。葛は8〜9月の秋に穂状の花を咲かせます。

 

花の色は赤や紫色で甘い芳香を放ちます。花自体もあまりメジャーではありませんが、調理され食用されることもあります。それでは、葛の花がどのようにダイエットをサポートするのでしょうか。

 

鍵となるのは葛の花に豊富に含まれているイソフラボンです。この成分が体にどんなに影響を与えるのかまとめてみましょう。

 

葛の花に秘められた3つのパワー

葛の花には、3種のサポニンと、7種類のイソフラボンが含まれています。そのうち、テクトリゲニン類のイソフラボンにダイエットをサポートする働きがあるということで注目されています。この葛の花由来のイソフラボンには、脂肪と戦う3つのパワーが秘められています。

 

1つ目に脂肪の合成を抑える助けをします

燃焼することができず余ったエネルギーは、肝臓で中性脂肪へと合成され体の各部に体脂肪として蓄積されます。葛の花由来のイソフラボンはこの中性脂肪の合成を邪魔する助けをします。

 

2つ目のパワーは、脂肪の分解を促す助けをする力です

体に蓄積された体脂肪は、そのままですとエネルギーとして燃えにくい状態です。そのため、燃焼させやすくするために、一度、脂肪酸へと分解する必要があります。この分解がうまくいかないと、体脂肪はそのまま残ってしまいます。

 

葛の花由来のイソフラボンは体脂肪の分解をサポートし、脂肪酸へと変えやすくする力があります。

 

3つ目の力として、脂肪の燃焼を促すパワーがあります

分解されて脂肪酸となった体脂肪は、褐色脂肪細胞という細胞によって燃焼します。

 

葛の花由来のイソフラボンはこの褐色脂肪細胞を活発な状態へと導き、脂肪の燃焼を促進する助けとなるのです。

 

葛の花を取り入れるには?

葛の花には脂肪の燃焼をサポートする驚くべき力が秘められていることはわかりましたが、葛の花をどのように体に取り入れれば良いのでしょうか。

 

葛の花は調理して食べることができます。天ぷらやお浸し、和え物として食されることがあるようです。しかし、頻繁に市場に出回る食材ではありません。

 

また、花の部分に虫が混入していることも多く、下ごしらえが難しい食材です。それで、生の葛の花を食用として定期的に食するのはあまり現実的ということはできません。気軽に生活に取り入れることはできないのでしょうか。

 

実は、ダイエットサポート食品をして注目されている葛の花は、サプリメント業界から早くも注目を集めており、すでに各社から葛の花サプリメントが販売されています。

 

錠剤タイプやタブレットタイプで販売されている葛の花サプリなら、携帯もでき、気軽に定期的に摂取することができます。

 

葛の花サプリが脂肪の燃焼を助けるという科学的根拠

 

 

若い頃はけたズボンのウエストが閉まらなかったり、健康診断で内蔵脂肪が多いと指摘されたり、いくら頑張っても体重が減らないといった経験は、多くの人がしていることだと思います。その理由は歳を重ねるごとに、脂肪を分解する力や燃焼させる力が衰えてしまうからです。

 

葛の花サプリメントは、なかなか落ちない脂肪を減らす助けとなります。お腹周りの内臓脂肪と皮下脂肪、ウエスト、体重の減少をサポートするのです。

 

葛の花サプリメントが脂肪の燃焼を助けるという科学的根拠もあります。ある実験ではBMIが25〜30の被験者97人を2つのグループに分け、葛の花由来イソフラボン配合品と、非配合品を摂取してもらいました。すると、12週間後に配合品を摂取した方が非配合品のグループに比べ腹部脂肪面積が20平方cm減ったというデータが報告されています。

 

内臓脂肪は平均で8平方cm、皮下脂肪は平均13cmの減少です。このように、葛の花サプリは、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を燃やす助けをすることが研究によってわかっています。さらに、ウエストの減少と、体重の減少も確認されています。

 

この研究の被験者に注目すると、BMI数値がが25〜30と少し肥満気味です。ですから、最近お腹周りの気になる中年の方にはぴったりのサプリだということができます。また、通常、脂肪は内臓脂肪、皮下脂肪の順で燃焼されます。

 

ですから多くのダイエットの場合、皮下脂肪を落としたいなら、まず内臓脂肪をスッキリさせなければなりません。それまでに時間がかかるので、目に見える成果が現れる前に挫折してしまうことが多々あります。しかし葛の花サプリなら、内臓脂肪と皮下脂肪、両方を同時に燃やす助けをするので、これまでいろんなダイエット法を試したものの、効果を実感できなかった人にもおすすめのサプリです。

 

 

葛の花サプリはどこで買えるの?

最近ではたくさんのダイエットサプリが市販されています。薬局、ドラッグストアやスーパやコンビニで買うこともできます。

 

実際に手に取ってみてあれこれ成分などを比較しながら商品を選択できるのは、市販されているものを購入するメリットと言えます。

 

ですが、薬局によってはサプリメントを取り扱ってないところもありますし、置いてあったとしても、大手の会社のものだけだったりします。葛の花はダイエット食品としては新しいものですから、葛の花サプリメントはまだまだメジャーなサプリとは言えません。

 

それで、残念ながら、薬局で葛の花サプリが市販されていることはあまりありません。では、葛の花サプリはどこで買えますか。多くの人がインターネット通販を利用して購入しています。

 

インターネット通販ならたくさんの種類から自分にあった商品を家にいながら購入することができ、非常に便利です。インターネットで検索すると、いくつかの葛の花サプリを見つけることができます。その中から、自分に合ったサプリをどのように選ぶことができるでしょうか。

 

葛の花サプリを選ぶ際のポイントをまとめてみましょう。

 

自分に合った葛の花サプリを選ぶポイント

 

 

1つ目のポイントは価格です。初めて葛の花サプリを試してみたいと思ってる人にとって価格が高いのはネックになってしまいます。

 

葛の花サプリの中には高額な商品もありますので、よく値段を比較して選ぶ必要があります。

 

葛の花サプリの多くは初回は安く購入できるようになっているものも多いので、安く購入して試してみて、実際に良かったら継続して購入してもいいかもしれません。価格と関連して、定期コースの縛りがないかをよく確認しましょう。

 

商品によっては初回購入後、何ヶ月か購入を継続しなければならないものがあります。もともとその商品を継続して使用することを決めているなら、お得に購入でき便利かもしれません。しかし途中でやめたくてもできないので、少し試してみようと考えている人にとっては契約の縛りはデメリットです。

 

2つ目のポイントとして、葛の花由来のイソフラボン以外にどんな栄養素が配合されているかで選ぶこともできます。

 

栄養素としては葛の花由来のイソフラボンしか配合していないシンプルな商品もありますので、単純に葛の花由来のイソフラボンの力を試してみたいという人はそういったサプリを選ぶと良いかもしれません。

 

また、葛の花由来のイソフラボンに加え、ビタミンや自社の得意分野の栄養素をプラスしているサプリもあります。ダイエット時には栄養バランスが崩れやすいので、1つのサプリメントである程度それを補えると、とても助かります。

 

それではこれらのポイントをふまえ、具体的な商品名をあげて、おすすめの葛の花サプリを紹介します。

 

 

コストパフォーマンス最強の葛の花サプリ

まず、葛の花サプリのランキングなどでもよく上位に挙げられているのは、ハーブ健康本舗のスッキリライフ通販というネットショップで販売されている、シボヘールという葛の花サプリです。おすすめのポイントは、なんといってもその価格の安さです。初回に限り、980円という驚きの安さで購入することができます。

 

これなら、葛の花サプリを飲んだことがない人でも気軽に試すことができます。しかも定期購入しなければいけないという縛りもありませんので、自分に合わないと思ったり、効果を実感できなかった場合はいつでもやめることができます。継続するとしても2回目以降2,808円と、そんなに高いお値段ではありません。

 

これは1ヶ月分の値段なので1日1分は100円を切る価格です。これなら経済的にサプリの効果が出るまで継続することができそうです。シボヘールはただ安いだけではありません。

 

この価格で葛の花由来のイソフラボンは1日分3粒に35mgと充分な量が配合されています。他のサプリもだいたいが35mgなので、配合量が一緒なら値段が安いに越したことはありません。

 

価格を重視し、葛の花サプリの入門編として選ぶには最適なサプリといえます。

 

健康志向の女性におすすめの葛の花サプリ

 

 

次におすすめの葛の花サプリとして挙げるのは、葛の花イソフラボンスリムというサプリメントです。日本第一製薬から出されています。おすすめのポイントは、主成分である葛の花由来のイソフラボンに加え、たくさんの栄養素がプラスされているということです。

 

葛の花イソフラボンスリムには、黄金生姜が配合されています。国産の生姜を使っているので安心です。

 

生姜の働きにより基礎代謝を高めることができますし、葛の花由来のイソフラボンとも相性がいいので、相乗効果で脂肪を燃焼する助けをします。

 

さらに、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ナイアシンと5つのビタミンが含まれています。1日分4粒を摂取すれば、1日に必要なこれらビタミンの半分を補うことができるのです。ダイエットといえば、脂肪や体重を減らすことばかりに意識が向いてしまいますが、葛の花イソフラボンスリムは健康的に減らすことを考えて作られたサプリです。

 

毎日続けるものだからこそ安心にこだわり、メインの素材となる葛の花は農薬を一切使わずに緑豊かな山奥で育ったものを厳選して使用しています。

 

健康的に痩せたいと思っている人におすすめのサプリです。これだけ素材にこだわりながら、値段は初回価格1,480円と決して高い印象はありません。

 

 

 

黒酢もろみ配合の葛の花サプリ

同じように、葛の花由来のイソフラボンにプラスされた素材が嬉しいサプリをもう1つ紹介します。DMJえがお生活から発売されている、葛の花減脂粒です。DMJえがお生活はサプリメントで有名な会社で、黒酢や酵素などのサプリも取り扱っています。

 

そうしたノウハウを生かし、葛の花減脂粒には黒酢の成分が配合されています。体に良い黒酢を葛の花イソフラボンと一緒に摂り入れることができるので、かなりのお得感です。

 

このサプリに配合されている黒酢もろみは、米酢の50倍と言われるほどのアミノ酸が含まれています。

 

アミノ酸は体脂肪の燃焼や代謝の向上、また筋肉の構成も手助けするので、理想の体を手に入れるための頼もしいサポーターです。黒酢と葛の花イソフラボンの力強いタッグを一緒に摂取できるのが葛の花減脂粒だけでしょう。初回は1,850円、それ以降は2,960円と価格帯もリーズナブルです。

 

1つ注意したいのは、初回購入後4ヶ月間は購入を継続しなければならない縛りあるということです。ですが、葛の花サプリは数ヶ月使用しないと効果が出にくいと言われているので、継続して葛の花サプリダイエットに取り組むと決めているのであれば、4ヶ月の縛りもそれほど気にならないかもしれません。

 

各社から販売されている葛の花サプリにはそれぞれにメリットがあるので、自分に合ったものをよく選んで購入するようにしましょう。

 

おすすめの葛の花サプリランキング

 

シボヘールの特徴

ハーブ健康本舗から出ている「シボヘール」というサプリもその1つです。

評価 評価5
シボヘールの総評

シボヘールに含まれている葛の花由来のイソフラボンにはどのようなパワーが隠されているのでしょうか。

まず、1つ目に脂肪の合成を抑える助けをします。体の中で燃焼されなかったエネルギーは肝臓で中性脂肪と合成され、体脂肪として蓄積されます。葛の花由来のイソフラボンはこの中性脂肪の合成を抑える助けをしてくれます。

2つ目の働きとして、脂肪の分解を促す助けをします。体に蓄積された体脂肪はそのままではエネルギーとして燃焼することはできません。一度、脂肪酸へ分解することにより燃えやすくなります。葛の花由来のイソフラボンはこの分解をサポートしてくれます。

3つ目の力は、脂肪の燃焼を促す助けをする作用です。脂肪は分解されて脂肪酸となり、褐色脂肪細胞によって燃焼します。

葛の花由来のイソフラボンは、この褐色脂肪細胞が活発に働くようにその働きをサポートする力があります。シボヘールには、こうしたダイエットに効果的なパワーを持った葛の花由来のイソフラボンが、1日に最適な量として35mg配合されています。

 
 

スリムフォーの特徴

スリムフォーには7種類のイソフラボンと3種のサポニンが含まれており、葛の花抽出物を主成分として定量配合しています。

評価 評価4.5
スリムフォーの総評

スリムフォーを選ぶメリットの1つは、このサプリが機能性表示食品として消費庁届済みの商品だということです。機能性表示食品とは何でしょうか。それは、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性が表示できる食品のことです。

特定保健用食品(トクホ)とは異なり、国や第3機関の個別審査は受けていないものの、科学的根拠に基づいた実験結果に関する論文を消費者庁に不備なく届け出なければならないので、健康食品として信頼性は高い商品です。

スリムフォーは、どのような実験効果が消費者庁に提出されているのでしょうか。例えば、BMI数値25〜30の97人の被験者に対し、葛の花由来のイソフラボン配合品または葛の花由来のイソフラボン非配合品を12週間摂取させたところ、葛の花由来のイソフラボン配合品を摂取させたグループでは非配合品を摂取させたグループと比較してお腹の内臓脂肪及び皮下脂肪が優位に減少したという実験結果が報告されています。

実際、非配合品摂取時に比べ、葛の花由来のイソフラボン配合品摂取時の方がお腹の脂肪面積が、平均20平方cm以上減少することが確認されています。スリムフォーなら、この注目の葛の花由来のイソフラボンを1日に錠剤4粒で簡単に摂取することができます。小さなタブレットタイプですので、飲みやすく携帯性にも優れています。

 
 

ヘラスリムの特徴

葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分として定量配合することにより、特定の保険の目的が期待できるサプリメントとして、株式会社ステップワールドのプレミアムショッピングから、「ヘラスリム」というサプリメントが販売されています。

評価 評価4.5
ヘラスリムの総評

ヘラスリムに含まれている葛の花由来のイソフラボンが内臓脂肪を減らすのを助けるメカニズムとはどのようなものでしょうか。まず、葛の花由来イソフラボンは肝臓で脂肪の合成を抑制します。

食事に含まれる糖や脂肪などに由来する脂肪前駆物質が脂質に変わるのを葛の花由来イソフラボンがブロックするのです。次に、葛の花由来イソフラボンは、白色脂肪での脂肪の分解を促す助けをします。体脂肪が脂質に分解されるのを助ける働きがあるのです。

そして、褐色脂肪での脂肪燃焼を促す助けをします。つまり、抑制、分解、燃焼の3つの働きが内臓脂肪を減らすのを助ける葛の花由来イソフラボンの隠されたパワーといえます。こうしたダイエットに効果的なパワーを持った葛の花由来のイソフラボンが、1日に最適な量としてヘラスリムには42mg配合されています。

他社の同様の商品のほとんどがこの量を35mgとしていますから、ヘラスリムは有効成分を多く配合していることがわかります。

 
 

葛の花イソフラボンスリムの特徴

この注目の葛の花由来のイソフラボンが1日分に35mgと豊富に含まれているサプリメントが日本第一製薬の「葛の花イソフラボンスリム」です。

評価 評価4
葛の花イソフラボンスリムの総評

葛の花由来のイソフラボンにはダイエットに欠かせない3つの大きな力が秘められています。燃やす、抑える、分解する、というパワーです。

葛の花由来のイソフラボンは脂肪を燃焼させエネルギーに変える助けとなります。また、新たに脂肪が合成されるのを抑制する助けとなります。最後に、脂肪の分解を促進し燃焼しやすい体に整えていくのを助ける働きがあります。

日本第一製薬の葛の花イソフラボンスリムは機能性表示食品です。機能性表示食品とは何でしょうか。これは特定健康保険食品(トクホ)とは異なり、消費者庁長官による個別の審査は受けてはいませんが、特定の成分が体に及ぼす影響を実験した論文を消費者庁に届け出、きちんと受理された食品のことです。

個別の審査を受けてないとはいえ、不備のない研究結果を提出しなければ届け出は受理できないので、科学的根拠に基づく信頼の置ける商品であることがわかります。受理されている研究データによると、BMIが25〜30の健常成人男女である被験者を2つのグループに分け、一方には葛の花由来のイソフラボン配合品を、もう一方には非配合品を摂取してもらいました。

その結果、葛の花由来のイソフラボン配合品を摂取してもらったグループ50人の方が、葛の花由来のイソフラボン非配合品を摂取してもらったグループ47人よりもお腹の脂肪の断面積が3ヶ月で20cmも多く減少したことが報告されています。

この葛の花由来のイソフラボンの力を、1日分たった4粒に凝縮したサプリが、葛の花イソフラボンスリムです。

 
 

葛の花減脂粒の特徴

葛の花を定期的に食事に取り入れることは困難ですが、定期的に摂取できるように葛の花由来のイソフラボンを配合したサプリが販売されています。DMJえがお生活の「葛の花減脂粒」です。

評価 評価3.5
葛の花減脂粒の総評

おすすめのひとつは、DMJえがお生活の葛の花減脂粒が機能性表示食品だということです。機能性表示食品とは企業の責任でこの成分が体にいいものだと消費者庁に届け出、それが受理された食品のことです。国や第3機関の審査は受けていないものの、科学的根拠に基づいた実験結果に関する論文を消費者庁に不備なく届け出なければならないので、健康食品として信頼度はある程度、高いと言えます。

消費者庁のホームページで、誰でもその効果に関する論文を閲覧することができます。葛の花減脂粒の場合、どのような効果が消費者庁に提出されているのでしょうか。BMI数値が25〜30の肥満気味な97人の方に対して実験が行われています。

それらの方に葛の花由来のイソフラボン配合品と非配合品を12週間摂取してもらった結果、非配合品摂取時に比べイソフラボン配合品摂取時の方がお腹の脂肪面積が、平均20平方cm減少することが確認されています。この注目の葛の花イソフラボンを、1日分錠剤3粒で手軽に飲むことができるサプリが、葛の花減脂粒です。