葛の花サプリを飲むタイミング

MENU

話題の葛の花サプリメント

 

 

ダイエット食品と言われるものはたくさんありますが、最近話題になっているのは「葛の花」(くずのはな)です。葛(くず)はツタ性の植物で、芋状の根っこは古くから葛粉に加工され日本人に親しまれています。葛餅は日本人ならだれでも知っている葛を使ったお菓子です。

 

葛の根は漢方薬としても用いられ、葛根湯として知られています。こう考えると漢字の難しい「葛」も、割と身近な植物であることがわかります。

 

昨今、ダイエット食品として話題になっているのは、この葛という植物の花の部分です。葛の花には脂肪の燃焼を導くイソフラボンが含まれていることが研究によりわかってきました。しかし、葛の花自体は店頭でよく見かけるようなものではありませんので日常的に摂取してダイエットに活用することは少し困難です。ですが、心配はいりません。

 

葛の花由来のイソフラボンを配合したサプリメントが数多く販売されています。サプリであれば携帯して、いつでも気軽に継続して飲み続けることができます。葛の花サプリを摂取すれば、内臓脂肪と皮下脂肪を同時に燃やすのを助ける効果を望めます。

 

サプリの効果を最大限に活かすためには、サプリを飲むタイミング重要です。一番いいタイミングとサプリを飲む時の注意点についてまとめてみましょう。

 

サプリを飲む最適なタイミング

葛の花サプリを適当なタイミングで飲んでいては、最大限にサプリの力を発揮させることはできません。まず覚えておきたい点として、サプリの効果をできるだけ引き出すために大切なのは、商品の説明と使用方法や用量に関する説明をよく読んで、その通り実践することです。

 

各葛の花サプリによって1日3粒や4粒など、メーカーが推奨する用量がありますので、必ずそれを守りましょう。例を挙げてみましょう。

 

DMJえがお生活が出している葛の花減脂粒というサプリは1日に飲む量が3粒とメーカーによって定められています。葛の花に含まれるイソフラボンは1日に有効な摂取量が35mgと研究によって明らかになっています。それで、多くの会社では1日分に35mgのイソフラボンが配合されるよう計算してサプリを作っています。

 

ですから、メーカーの用量はは必ず守るようにしましょう。多く飲んでも少なく飲んでもいいことはありません。それでは、この1日分の3粒をどのタイミングで飲むのが効果的でしょうか。

 

大多数の方がが、3粒を1回で水でゴクリと飲んでしまうと思います。そのほうが手っ取り早いですし、1日の手間も減るので楽です。この方法でも悪くはないのですが、もっと効果的な飲み方があるとすれば、試してみたくないですか。

 

それは、1日分の3粒を3回に分けて飲むという方法です。

 

どのように3回に分けるかといえば、1日の3食の食前にそれぞれ摂取するというのがベストです。朝食前、昼食前、夕食前ににそれぞれ1粒ずつ飲むと効果的です。食事前に少量ずつ飲むことによって、食事と共にこの葛の花サプリの栄養成分を体に吸収しやすくすることができます。

 

さらに、その時食べた食事からの脂肪がつきにくくするのを助ける効果も期待できるでしょう。

 

食前って食事の何分前?

葛の花サプリは、食前が飲むタイミングとしてベストということはわかりました。では、食前とは食事のどれくらい前でしょうか。厳密に考える必要はありませんが、その時摂り入れる食事に含まれる脂肪に対する効果を望むなら、食事の30分前に飲むのが理想的と言えます。サプリの有効成分が溶け出して浸透するにはやはり30分くらいの時間が必要です。

 

有効成分が浸透してから食べ物が口から入ってくるとサプリの効果を最大限に活かすことができます。

 

何で飲めばいいの?

サプリを飲む最適なタイミングを知ることができました。それでは、みなさんはサプリを何で飲み込んでいますか。適当にコーヒーやお茶、スポーツドリンクで飲み込む方もいらっしゃると思います。ですが、それではサプリの効果を半減させてしまします。

 

基本的にサプリは水で飲むのが正解です。もうすこしこだわるなら、白湯で飲むとより効果がアップします。冷水や常温で飲んでもそれなりの効果はあるのですが、白湯(さゆ)で飲むとより効果的があります

 

白湯とは水を沸騰させて、飲めるくらいの温度に冷ましたものです。厳密な温度はありませんが、50度〜60度くらいのぬるま湯を白湯と言います。なぜサプリを飲むのに白湯が適しているのでしょうか。例えば冷たい水でサプリを飲むと胃などを冷やしてきってしまって、消化を進めるため、口から入ってきたものを体温に近づけようとして余分な体力を使ってしまします。

 

そのため、あらかじめ体温に近い温度の白湯でサプリを飲めば、効率よく栄養素を体内に浸透させることができるというわけです。白湯はレンジやケトルでも簡単に作ることができます。